iPhone修理が必要になるトラブルと言えばガラス割れ水没が挙げられますが、原因不明のフリーズにお悩みの方もいらっしゃるようです。修理はしたい。しかし修理に出すほどのトラブルかどうかがわからない場合に、判断基準となるキーポイントが「再起動」です。

いつ再起動が必要なのか

iPhoneはスリープボタンを長押しし画面の指示に従ってスライドすると、完全に電源を切ることができます。新しくアプリをインストールした時や搭載されているOSをアップデートした時などには、完全に電源を切ってから再び起動させる動作が必要です。

また、Webサイトを閲覧できない・処理速度が遅いといった場合にも、再起動をすると問題が解決することがあります。バッテリー交換の必要性を感じていた時に再起動するとバッテリーが回復したという事例もあるようです。

再起動をすると直る不思議

iPhoneは動作中にキャッシュという一時保存ファイルを保管します。例えば、Webサイトを読み込む・文字情報を入力する・アプリをインストールした場合にキャッシュは保存されます。処理速度を快適に保つためにキャッシュは必要なものですが、2度と使わないキャッシュはメモリ容量を圧迫する原因ともなります。

再起動をすると一時的に保管されているキャッシュがクリアされるため、様々なトラブルが解決につながる場合があるのです。

修理に出すかどうかの判断基準

各スマートフォン取り扱い会社のトラブルシューティングでも初期段階の解決方法として再起動が挙げられています。つまり、iPhoneに関するトラブルが起こってしまった際に再起動しても直らない場合は、深刻なトラブルである可能性が高いということです。再起動してみてもトラブルが解決されていないようでしたらiPhone修理が必要です。

パソコンの修理屋さんは金沢を中心とした石川県内や福井県・富山県でiPhone修理を承っています。再起動しても解決できないトラブルをはじめ、画面割れといったトラブルにも対応しています。金沢近隣で費用をかけるべき深刻なトラブルにお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。