HDDはパソコンを構成する機器の中でも比較的故障しやすい部分です。HDDの故障は大別すると「物理障害」と「論理障害」の二つに分けることができます。

物理障害

物理障害とはその名の通り、HDDが物理的に破損したことを意味します。部品が壊れている状態のため、記憶装置自体の交換や修理が必要となります。主な原因としては、パソコンに大きな衝撃を与えてしまったときに物理障害が起こります。

例えば、パソコンを持ち運んでいるときに落としてしまうと、強い落下の衝撃がパソコンを襲い、HDDの物理障害をもたらします。また、それ以外にもスピンドルモーターの動作不良、ベアリングの焼きつきなどによって物理障害が起こることもあるので、衝撃を与えていないからといって物理障害ではないとは言い切れません。HDDから「カタカタ」「ジージー」といった異音がする場合、物理障害を疑ってもよいでしょう。

論理障害

論理障害は物理的な破損はないものの、HDDの内部にある「ファイルシステム」が破損している状態を指します。これは、OSの不具合や誤動作によるファイルの削除などが原因で起こります。機械自体の破損ではないため、フォーマットすることで使用可能となりますが、内部のデータを全て失ってしまいます。

フリーのデータ復旧ソフト等で修復を図ることも可能ですが、確実性を持たせるという意味でもパソコン修理業者に依頼するのがおすすめです。パソコンの電源が入らない、画面が映らない等の症状が見られる場合は、論理障害を疑ってもよいでしょう。

このように、同じHDDの故障でも物理障害と論理障害は似て非なるものです。大切なデータを復旧させる確率を上げるためにも、HDDの不調が見られる場合は早めにパソコン修理業者へご相談ください。

石川県金沢市にある「パソコンの修理屋さん」では、スマホ・パソコン修理を得意としています。HDDの故障やウイルス感染液晶割れなどあらゆる症状に格安料金で対応致します。出張修理・宅配修理も承っておりますので、金沢以外の方もお気軽にご相談ください。また、サイト内には「パソコンを買い替えた際のデータ移行の方法」などお役立ち情報も掲載しておりますので、是非こちらもご覧ください。